名護市

古民家cafe喜色〜kiiro〜|古民家カフェで、のんびりとお昼ごはん。優雅なひとときを

県外出身のお友だちが遊びに来てくれたので、沖縄の観光地を案内してきました!!

せっかくなので、お昼ご飯は沖縄らしいお店へ。

ということで、古民家カフェに行ってきましたよ!!

古民家って、沖縄に住んでいてもなかなか行く機会がないので、

わたしまでウキウキしてしまいました♪

ではでは、早速ご紹介します♪

cafe喜色〜kiiro〜|名護市

アクセス・駐車場

沖縄本島北部の名護市から、橋を渡ると屋我地島(やがじじま)に上陸します。

観光客がよく訪れる古宇利島(こうりじま)の手前にあり、通り過ぎてしまいがちですが、実は魅力的な風景やスポットが多く、一度ゆっくり観光してみるのもおすすめです!

「cafe喜色〜kiiro〜」は、そんな隠れ観光スポット”屋我地島”の古民家集落の中にあります。

絶対!!迷うので、ナビを使ってお越しください。笑

店内の様子

まずは、入り口で黄色い看板とシーサーがお出迎えしてくれます。

入り口からお店へ進むと、沖縄らしい赤瓦屋根の建物と広いお庭が♪

「これぞ沖縄!!」って感じの風景ですよね。

赤瓦って、なんだか見ているだけでもホッとするというか、癒されるというか。

お友だちも、この風景を見ただけで「沖縄っぽい!!」と喜んでくれました。

さっそくお店に入ってみましょう!!

築90年ほどの古民家を利用したお店は、木目調で落ち着いた雰囲気。

床はフローリングで、座席はテーブル席と奥には畳間もありました。

お子様連れでもご年配の方でも、安心して来れるお店だと思います♪

近くの老人ホームの方々も、よく来られるそうです。

11時頃に行きましたが、すでに3組ほどのお客様がいらっしゃいました。

私たちは、窓際の席に案内してもらえました!!

窓際の席から見える風景です。

この日はお天気にも恵まれ、ちょうど良い日差しと心地よい風が、より気持ちを穏やかにしてくれます。

足元にもお日様が差し込み、ポカポカ日向ぼっこ気分♪

メニュー

お食事メニューは2種類。

「喜色御膳」と「ゆし豆腐セット」があります。

どちらも、沖縄の食材や料理ががたくさん詰め込まれたメニューです。

かなりお腹も空いていたので、わたしもお友だちも「喜色御膳」を注文。

そんなにたくさん食べられないという方は、ゆし豆腐セットで丁度いいかもしれません。

お友だちは「ゆし豆腐?がんもどき?ミミガー?」と、聞き慣れない料理名に興味深々。笑

お食事メニュー以外にも、日替わりのスイーツやオリジナルドリンクなどもありました。

お腹に余裕があればスイーツも食べたかったですが、この日は断念。。

今度お邪魔したときは、ぜひいただきます!

いただきます!!

前菜は3種類。写真の左から

  • 白和え
  • 甘酢和え
  • 海ぶどう。

どれも優しい味で、メインのお食事を待っている間にペロリと食べちゃいました。

前菜を食べ終えたところで、店員さんの声。

「お待たせしました〜」

待ってました!!

重箱に数種類のおかずがキレイに詰められた「喜色御膳」は、お店の一番人気!

御膳の内容を、店員さんが一品ずつ丁寧に説明してくれました。

御膳の内容は↓↓

  • さとうきびごはん
  • 豆腐の肉巻き
  • パパイヤイリチー
  • 季節の天ぷら盛り合わせ
  • がんもどき
  • もずくシークヮサー和え
  • ゆし豆腐

など・・・

ご飯には、県産品のさとうきびが混ぜ込んであり、ほんのり甘い香りが漂います。

店内では、「さとうきびご飯の素」も販売されているので、お土産として購入することもできます!

さとうきびごはんのもと

ゆし豆腐は自家製で、”おから”を出さずに作っているため、少しゴソゴソした感じが残っています。

がんもどきにも、このゆし豆腐を入れているそうです。

豆腐の肉巻きには、沖縄県のブランド豚である「アグー豚」が巻かれていて、甘辛いタレとアグー豚の脂の旨味が、よく合う。

さとうきび、ゆし豆腐、パパイヤ、もずく、ミミガー、シークヮーサーなど、沖縄の食材が盛り沢山で、この御膳一つで沖縄を満喫した気分になれました。

まとめ

普段なら通り過ぎてしまいがちな屋我地島には、昔から変わらない沖縄の風景が広がっていました。

いつもの忙しない日常とは違い、ここではゆったりとした時間が流れています。

五感で沖縄を感じられる「cafe喜色〜kiiro〜」。

心も体も癒されに、一度訪れてみてはいかがですか?

お店の詳細

お 店:cafe喜色〜kiiro〜
住 所:沖縄県名護市饒平名19
駐車場:あり(10台ほど)
備 考:詳細はこちら(食べログ)

-名護市